スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモン剤変更とCYP2D6遺伝子について

治療と体調についてですが、
実は8月の腫瘍マーカーの値が上がっておりまして…_| ̄|○

下がったのは7月だけで、8月は一気に164に上昇。
しかもCEAの値も5.3と基準値超えしてしまいました。(基準値5.0以下)
これでさすがに、ノルバデックスは効いていないと判断。
ホルモン剤がフェアストンに変更になりました。

★ホルモン剤について
ホルモン剤について詳細を書いたことが無かったので、
ここで一度詳しく説明します。
乳がんには女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)受容体が陽性のタイプがあり、
(乳がん全体の7割程度)
私の場合は2つのホルモンが陽性です。
陽性ですと、分かりやすく言えば、そのホルモンを餌にして癌が大きくなります。
なので、女性ホルモンを与えない状況を作ればいい訳です。
私がこれまで服用していたノルバデックス(成分名はタモキシフェン)は、
女性ホルモンより先回りして、
癌のレセプターを埋めてしまうように作用します。
(抗エストロゲン剤と言われます)
結果的には、女性ホルモンを与えないことになりますね。
ノルバから変更になったフェアストン(成分名はトレミフェン)も
同様に作用するホルモン剤です。

でも、やっぱり気になるのが元の女性ホルモンの状態。
体内で相変わらず生産されていたら、
せっかくの抗エストロゲン剤の効果が半減してしまいます。
そこで、 LH-RHアゴニスト 製剤
と呼ばれるものを皮下注射されている方も多くみられます。
この薬は閉経前に限るのですが、
卵巣でエストロゲンを作ることを促す下垂体のホルモンの働きを抑える作用があり、
その効果は卵巣除去処置とほぼ同等だそうです。
私の場合、術前化学療法で生理が止まったまま、
ホルモンの量もはかりましたが少なくなっていたので、
ノルバデックスだけの処方となりました。

また、閉経後となると、
エストロゲンが、副腎から分泌された男性ホルモンをもとに
脂肪組織などで作られます。
そこで、 男性ホルモンからエストロゲンを作るときに必要な酵素
(アロマターゼ)の働きを抑える“アロマターゼ阻害剤”が
有効であると考えられます。
このホルモン剤を投与すると、
体内の脂肪組織や乳がん近くに存在するアロマターゼの働きが阻害されるので、
エストロゲンの産生が低下し、ホルモン依存性の乳がんの増殖が抑制されます。

★なぜ私にノルバデックス(タモキシフェン)が効かなかったのか。 
他のブロガーさんを見てみても、
ノルバデックス(タモキシフェン)を服用されている方、多いですよね。
私の場合も、ノルバが有効と踏んでいたのですが…
残念ながら効果が得られませんでした。
このタモキシフェンが効かない人は、 全体の3割ほどいるらしいです。
そして、この効かない理由としていくつか報告されているのが、
「CYP2D6遺伝子」の存在です。

薬を肝臓で分解する力には個人差があります。
タモキシフェンを服用すると、肝臓にあるCYP2D6という酵素で代謝(分解)され、
高い活性を持つ代謝物エンドキシフェンに変換されなければなりません。
しかし、CYP2D6には多くの遺伝子タイプのバリエーションが存在し、
CYP2D6の代謝機能が低い、
もしくは代謝機能を全く持っていない遺伝子タイプを持つ人の場合、
タモキシフェンの効果を得にくいのではないか、と言うのです。
これらを示す論文や調査結果も多数あり、
独自でこのCYP2D6遺伝子を調べてくれる所もあります。

しかし、乳がん診察ガイドライン(2013年度版)では、
「CYP2D6遺伝子多型をタモキシフェンの治療効果予測検査として
調べることが勧められるか」は、
「基本的には勧められない」となっています。
それは、多くのCYP2D6遺伝子と予後についての報告が海外のものであること、
アジア人での臨床結果では、予後と関係ない、とする報告もあり、
断定せずにグレーゾーンにしているようです。

ですので、CYP2D6遺伝子の検査は、
病院側から勧められることは、あまりないと思います。
私の主治医は、直接聞いたわけではないですが、
CYP2D6遺伝子の影響を否定まではしなくとも、
重要視するものではないと、判断しているようでした。

ですが、私個人的な見解としては…
CYP2D6遺伝子の検査をしてみても良かったのではないか、
と思っています。
私はノルバデックス(タモキシフェン)を5ヶ月間服用しました。
その間効いていなかったわけですから、
当然、癌は進行してしまいました。
(癌の進行については、また別記事でアップします)
この5ヶ月…私にとったら、とても大きいです。
出来ることなら、もう数ヶ月でも早く、
フェアストンに切りかえたかったと、
今では思ってしまいます。
(フェアストンにはCYP2D6遺伝子とは違う遺伝子が作用するそうです)
また、これは余談ですが、
副作用が少ないと効きが悪い(つまりCYP2D6遺伝子が作用していない)、
という情報もネットでみかけ、
私は副作用が全く無かったので、先生に聞いてみたことがあるのですが、
キッパリと「そんなのウソです!」と言われてしまいました(||゜Д゜)
ですが、今ノルバデックスからフェアストンに変わって、
若干、更年期障害の症状(副作用)が出てきています。
うぅ~ん、これをどう解釈するのか…
私の体に関して言えば、CYP2D6遺伝子の代謝が悪かったのかなと。
そう考えると納得もいくわけです。

ですが、難しいのが、それは「今」だから言えること。
その薬の効果は、やってみないと分かりません。
後から効きが良くなってくる場合もあるでしょうし、
個人差も大きいのだと思います。
なので残念ですが、またまた運が悪かったと
思うしかないのかもしれません。
それでも、その薬がその人に効くかどうかの見極めは
癌患者にとって非常に重要であることは事実。
少しでも無意味な投薬がなくなるよう、
今後も様々な事が解明されるよう、期待したいと思います。

※CYP2D6遺伝子の検査を勧めるわけではありません。
まだ分からないことも多く、
CYP2D6遺伝子の代謝能が低いからといって
薬が効かないとは一概には言えないようです。
今回は飽くまでも私個人の見解ですので、
気になる方は、主治医と良く相談されてみて下さいね。



良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。