スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨転移

骨転移が原因の腰痛ですが、
最近痛みの箇所が上の方に上がってきた感じがします。
これまでは、最初、坐骨神経痛だと思っていたように
お尻の下部の方に痛みがあったのですが、
現在は左の腰が痛みます。
確実に治療を始める前よりは痛みが少ないので、
抗がん剤が効いていると思われますが、
無痛にはならないので、不安材料ではあります。

「骨転移」とはつまり、骨の中に乳がんの転移癌が入り込み、
骨を溶かしていきます。
想像すると、ちょっと怖いですよね~・・・
でも、先生の説明では、「骨転移では死なない」とのことです。
以前は骨転移となると末期で助からない、というイメージがあったのですが、
骨がぼろぼろになろうと、直接命に係わることは無いのだそうです。
たとえば歩行が困難になりそうならば外科的に対処し、
痛みがひどければ緩和ケアで対応出来る、というわけです。

私の場合、骨盤に転移していますが、
乳がんの切除手術のあと、放射線照射の治療を行い、
それでも癌の進行が進むようならば、
骨を強化する薬を処方する予定になっています。
ですので、今は腰痛が少しあっても、治療はしていない状態にあります。
この状態が、ちょっとジレンマです。

これまで、腰痛とは無縁の人生だったので、
痛みを経験してみて、人間にとってまさしく「要」であることを
ひしひしと感じています。
今は歩くのにちょっとびっこをひいてしまって、
昔のように走れなくなってしまって。
歩くの大好きで、1年前はベビーカーを押しながら
1時間でも2時間でも歩けていたのに!
癌細胞めぇ~~~

こんな状態ですが、野望があります。
それは・・・お恥ずかしいですが;バレエを習うこと(←恥;)
子供が少し習っていたことがあって、
その発表会で、高校生の素晴らしい踊りの中でおばさまが踊ってらして。
若い子の動きにはついていけてないのですが、
ハードなダンスをこなしているのは本当に素晴らしい!
憧れてしまいました♪

あ、ちなみにモダンバレエですよ。
クラッシックのチュチュはさすがに着れませんので^^;
あくまで野望です。
でも、それを目標に!
骨の癌が消滅した時には、また思いっきり体を動かしたいです。



良かったらクリックお願いします!



スポンサーサイト

FEC5回目と、この季節気を付けなければいけない事

更新が滞っていてすみませんでした。

先週の金曜、15日に、FEC5回目の投与を行いました。
いつも通り、帰ってきてからしばらくたって気持ち悪くなり、
その日に夕食はとらずに就寝。
でも、次の日には意外とすっきりしていて、
今までより、食が進んだ感じがしました。

ただ、ここにきてちょっと困っているのが、
家族(主に子供たち)の風邪対策です。
鼻水や咳をして帰ってきてヒヤヒヤしたり、
一番下の子は私と一緒に寝ているので、
風邪っぽいとぐっすり寝てくれず、私の睡眠も妨げられてしまいます。
そのような理由で、
抗がん剤の副作用、というよりは、子供たちへの対応に追われ、
なかなかブログの更新をすることが出来ませんでした。
ご心配をおかけした方、すみませんでした。

気候も急に寒くなってきて、
インフルエンザや嘔吐下痢の風邪も心配な季節になってきました。
今年は家族一丸となって、これらの風邪対策に真剣に取り組まなければなりません。
子供が多いのでなかなか難しいのですが;
私が感染して大事になっては元も子もないので、
みんなで協力し合って、乗り越えていきたいと思います。

皆さんも、どうか風邪対策万全に^^



良かったらクリックお願いします!



FEC5回目の日程変更と口内炎

今日、11月12日は5回目のFECを投与する予定でしたが、
昨日急に病院から電話があり、
血中の白血球を測る装置が壊れてしまったので、
FEC投与の日を15日(金)にずらしてくれ、とのこと。
そう言えば、この前採血後に白血球を測っている時に、
怪しい音がしていたな、などと思いながら、
15日で了解しました。
こういう時は、個人病院の弱点かな、と思いました。

FECが延期になってしまったので、
今回はまた副作用についてです。

副作用として、「口内炎」もよく聞かれると思います。
私も、FEC1回目の後、1週間くらいしてから、舌がぴりぴりし始めました。
それでも、そんなに自分では口内が敏感になっている自覚がなかったのですが、
その数日後、家族でびっ〇りドンキーに行ったとき、
ビビンバご飯を頼んで、いつもより何倍も辛く感じて「びっくり」しました。

それから、口の中のピリピリ感は和らいでいき、FEC投与後2週間めくらいで
元の味覚に戻る、というサイクルをしばらく繰り返していました。

ですが最近は、ずーっと舌がぴりぴりした感じが残っています。
元々は辛いものが好きな方でしたので、
思わず口にしてしまうのですが、
その後は後悔です。
今日も実は、晩御飯にカレーを作ったのですが、
辛くて食べられませんでした(涙)

ちなみに、わさびの辛さは大丈夫です。
香辛料や、トウガラシの辛さが、すごく辛く感じます。

これは抗がん剤の治療が終わるまで続くのでしょうね、きっと。
辛い物が過剰に感じるだけで、他の味覚に変化はないのですが、
ほんの些細なことなのですが、
先の事を考えると、ちょっぴりブルーになります。

ですから、出来るだけ早く抗がん剤の治療を終わらせたい!のが本音。
今回は病院側のトラブルで延期になってしまいましたが、
自分の体調はなるべく万全になるように気を付けて。
治療を乗り切りたいです。


良かったらクリックお願いします!

FEC4回目と今後の予定変更&癌の痛み

10月21日に、FEC4回目の投与を行いました。

脇の傷は、この4回目の投与の後まもなく、完全に塞がりました。
それまで、シャワーのみの生活でしたので、
久々にお風呂にゆっくりつかる事が出来て、とても嬉しかったです♪

そして、更にうれしいことに、
血液検査の結果、腫瘍マーカーの値が順調に下がっていました!
治療開始前は、CA15-3の値が62.3だったのが、
42.6まで下がっていました。(25.0以下が正常値)

この結果から、FECが良く効いているようなので、
あともう2回、追加されることになりました。
なので、次回もFEC投与となります。

最初の抗がん剤の効きが良いのは、とてもラッキーなことです。
頑張って、どんどん癌細胞をやっつけて欲しいと思います。

ところで、前回痛みもだいぶ和らいだ、ようなことを書きましたが、
これは「痛みが和らぐ時期もある」の間違いでした。
実は、今、FEC4回目の投与から3週間経とうとしていますが、
この時期、また痛みがぶり返してくるのです。
2回目と3回目の時もそうでした。
この痛み、脇の痛み、と言うより右乳房から胸の脇にかけての痛みで、
ずっと脇のしこりからの痛みだと思っていたのですが、
多分、胸のしこり、原発巣からの痛みであることが、最近分かりました。
(自分で自覚した、と言う意味です。)

癌の痛みは、お医者様に聞いても、
「癌自体に痛みはない」と言われてしまいます。
でも、痛いんですよ!確実に。
先生に言われたのは、癌細胞が神経に触ると痛みになる、とのことでした。
そこで勝手な推測なのですが、
私の乳がんは、もしかしたら表面に近い場所にあって、
それで小さくてもこんなに痛むのかな、と思っています。

で、この週末、痛みがけっこう酷くて辛いので、
ちょっと考えて、カイロを痛いところにあててみました。
すると・・・痛みが和らぎました!

「癌は熱に弱い」とご近所の乳がんの方に聞いたことと、
腰痛などで、カイロを貼ったりすることを思い出し、
もしかしたら、と思ってやってみたら、これで意外ですが、
けっこう楽になりました。
個人差があるとは思いますが、痛みで辛い思いをされている方は、
「カイロ」試してみて下さい^^v

いよいよ11月12日に5回目のFECの投与です。
6回目までに、痛みの方も良くなっていることを願って。
頑張るぞ~!



良かったらクリックお願いします!




FEC2回目と3回目


FECの投与は、その後予定通りに、3週間おきに2回目と3回目を行いました。
先生から説明があった通り、1回目の時のほぼ同様の副作用がありました。

そのほか、一番重要なのは脇のリンパ節への転移癌と、
穴を開けた後の傷口の治り具合ですが、
当然なのですが、いつまでも治らなかった傷口が、
FECを投与し始めてから変化し始め、改めて癌だったんだと実感しました。

傷口は、開けた小さい穴から、内側の肉が唇のように出てきていたのですが、
(写真で残せばよかったのですが、あまり気持ちの良いものでもないので、
写真は撮りませんでした。表現が乏しくてすみません;)
徐々にそれが小さくなっていき、
中からの排出液もだんだん少なくなっていきました。

ですが、FEC3回目の投与の後、傷口の周りが赤くなり、痛み出しました。
すぐに先生に診ていただいたところ、
開けた穴から膿の塊が出てきて、びっくりしました。
中に溜まっていたようです。
その後、痛みと赤みはなくなり、大きく腫れあがったしこりもどんどん小さくなっていきました。

脇の下の痛みも徐々に軽くなっていきました。
最初は熟睡出来ないほどの痛みだったのですが、
しこりが小さくなっていくと共に、
痛みもさほど気にならないまでになりました。

FECが効いていると実感出来るのは、気持ちも楽になります。
副作用は辛いですが、癌自体が小さくなっていることが分かるので、
最初の不安な気持ちから、段々と落ち着いた気持ちになっていきました。



良かったらクリックお願いします!

FECの副作用-脱毛

今回は、抗がん剤の代表的な副作用、脱毛についてです。

病院で事前に説明があったように、
初めのFEC投与から二週間ほどで、脱毛が始まりました。
乳がん告知を受けてから、美容院で髪の毛を短めに切っておいたのですが、
ショートの髪の毛でも抜けると厄介そうなので、
本格的に脱毛が始まる前に、バリカンで坊主頭にしておきました。
これが、けっこう良かったと思います。
抜け始めた毛を処理するのはとても楽でした。

今現在、頭の毛はちょぼちょぼと残っています。
皆さん、そんな感じなんでしょうか?
私としてはつるっと抜けてもらった方が瀬戸内寂聴さんのようでかっこいいな~、
なんて思っていたのですが(笑)

それはさておき、毛が抜けてしまったら、「かつら」です。
これがですね、非常に、蒸れます。
私の場合は抜け始めたのが8月でしたので、
猛暑のさなか、とてもかつらをかぶる気にはなれなくて。
しばらくはターバン型のぼうしをかぶってしのいでいました。

9月下旬頃からかつらをかぶり始めましたが、
やっぱり自分で幾分かの違和感を感じてしまいます。
なかなかかっこ良くは決まらないです。
この際だから、自分の髪の毛では出来ない髪型を楽しもうかな?
などと考えていたのですが、
実際そのようなかつらをかぶってみると気恥ずかしさが先行してしまって、
女装する男の人の気持ちが少し分かった気がしました(苦笑)

女の人は髪が命、ともいうくらいですから、
脱毛することで辛い思いをしている方は多いと思います。
私は、性格上、髪が抜けてもまた生えてくるからいいや、
くらいにしか考えていませんが、
それでもやはり、自分の髪でない頭で外出することに、
多少のストレスを感じてしまっています。
(面倒くさい、気持ちが大きいのですが;)

それと、かつらをかぶっていることを恥じている気持ちは全くないのですが、
人に出来るだけかつらと悟られないようにするのも、
エチケットなのかな、とも思います。
なんていうか、「私乳がん患者です」ってあけっぴろげに
分かるようにしなくてもいいかな、というか。

どなたかのブログで、乳房の全摘手術を受けて、
その後そのままで温泉に入ったら、やっぱり周りは自分の胸にくぎ付けになって、
自分は見られても平気、と思っていたけど、
見せられた方の気持ちを考えたら、見せないのもエチケットだと思った、
と書かれていたのを見たことがあります。
その気持ち、よく分かるんです。
かつらも、そこまでではないですが、状況は似てるのかな、と思うのです。
周囲に余計に気を遣わせてはいけないのではないかと。

ですから、今はかつら+ぼうしのスタイルで外出しています。
抜ける前は「かつら」を楽しもう!と思っていましたが、
実際は「帽子」を楽しんでいます。
今まで、そんなに帽子にこだわりを持っていなかったのですが、
キャスケットなんてかぶって、若返った気になっています(笑)

病気でもおしゃれを楽しむ気持ちは大切だと思います。
とても信頼している先輩から、アメリカのドラマ「Sex and the City」の中で、
主人公が乳がんになって、かつらをとてもかっこよくつけてるよ!
とのアドバイスも受けているので、
時間が出来たら、そちらも参考にしようかな、と思っています。


良かったらクリックお願いします!

FEC1回目の副作用の影響

昨日、主人とけんかしてしまったことを書きましたが、
乳がんになって、ご主人や家族と意志の疎通がうまくいかなかった方、
けっこういるんじゃないかと思います。

私の場合、最初の抗がん剤の副作用の辛さが、
癌の辛さであるように感じてしまって、それが不安につながってしまいました。
抗がん剤を始める前も、疲れやすくなっていて、
加えて脇の痛みやふさがらない傷口の不快感もあったので、
副作用の症状が、癌の症状の延長上のように感じてしまっていました。
ですから、薬剤投与から一週間が過ぎ、体が楽になった時、
ナーバスになっていた自分に気が付きました。

健全な精神はその肉体に宿る、と言います。
本当にその通りだと、この時実感しました。
体が弱っている時は、心も弱くなってしまうものです。

でも、今の副作用は昔に比べればとても楽になっていて、
主人からみると、私は元気に見えたのかもしれません。

そこで気持ちにズレが生じたわけです。
まあでも、癌患者じゃなくても、
日常生活でこうやってけんかになるんだとも思います。
気持ちの擦れ違いや、勘違いなどで。

ですから、もしも癌になったことで家族と上手くいかなかくなった、
と思っている方がいたら、
お互い冷静になって話してみると、意外と簡単に仲直り出来るかもしれません。
癌患者の苦しみや痛みは、本人にしか分かりません。
でも、冷静になって話さないと、家族にはもっと伝わりません。
そして、家族も戸惑い辛い思いをしていることは間違いないので、
必要以上に相手を責めないように、素直に、自分の気持ちやどのように辛いかを、
話してみると、いいかもしれません。

今現在、主人はとても優しく、私の体を気遣ってくれます。
私は、乳がんと言われるまで、あまり主人に頼らないように頑張ってきたのですが、
今は辛いときは素直に助けてほしいと、言うようにしています。
主人には多くの負担をかけてしまい申し訳ないと思いますが、
今はとにかく、癌を克服することを優先して、
元気になったら、たくさん恩返ししようと思っています。


良かったらクリックお願いします。

FEC1回目

8月19日 FEC1回目

FEC:エピルビシン、ファイブ・エフ・ユー、シクロフォスファミドの
三つの薬剤を使用する抗がん剤です。まずはこれを三週間ごとに四回、投与します。

主な副作用は、
・吐き気
・脱毛
・骨髄抑制→白血球が減って感染症を引き起こす可能性が高まる。
・口内炎
・便秘・下痢
・倦怠感
・爪の変色
などです。
今は吐き気止めの薬が非常に良くて、昔のように嘔吐すること無くなったと、
説明されました。脱毛は必ずするので、かつらを準備するように言われていたので、
週末に早速買いに行きました。
(ウイッグについては、また別に詳しく書きたいと思います)
その他の副作用については個人差ですが、今は抗がん剤を打ちながら働く人も多い、
と聞かされていたので、
副作用はひどくないのだろうと、必要以上に構えないようにと、思っていました。

病院ではリクライニングの椅子に座り、吐き気止めを飲んでから、
初回だったので少し遅いスピードで薬を落としていって、2時間ほどで点滴が終了しました。

気分も悪くなく、自分で歩いて帰ってこられましたが、
お昼ご飯にラーメンを食べてしまって、それが良くなかったのか、
午後2時頃から気持ち悪くなって横になりました。
その日はそれからむかむかする程度の気持ち悪さが続きましたが、
翌日には気持ち悪さも軽くなりました。
ただ、食欲はあまりなく、加えて猛暑の暑さ。体力がどんどん奪われていったように思います。
自分が癌であることの不安もあり、見た目は普通にしようと努力していましたが、
気持ちはナーバスになっていきました。

FEC投与した週の後半に、主人とも気持ちがぶつかってしまいました。
私は初めての抗がん剤の副作用に戸惑いがあり、
意識しないうちに癌である不安を膨らませてしまっていました。
でも、見た目は普通にしていたので、主人には私の不安が伝わらなかったのです。
しかし、次の週の火曜に、驚くほどすっと、体が楽になりました。
これが副作用か、と納得し、主人とも話して仲直り出来ました。

私の場合、最初に吐き気、その後徐々に体に倦怠感を感じるようになり、
5、6日目になるとそれがピークになりました。
先生には、4回とも大体同じような症状でしょうと言われました。


よかったらクリックお願いします。
こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。