スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリとリンパ浮腫対策

退院して一週間が過ぎました。
傷や腕の状態ですが、すこぶる順調です(^ー^)
リハビリは、入院した病院で出されたメニューを
朝晩2回してね!と言われているのですが、
正直出来ていない日もあります;
が、腕の上がり具合はほとんど以前と変わりません(*^^)v
二の腕から脇にかけて、突っ張った感があるので、
腕を折った状態で徐々に上に上げる(力こぶ作るような感じで)
ようにして、少しずつ伸ばすようにしています。

そして、私が気を付けなければならないのが、リンパ浮腫。
右脇のリンパ節を郭清(切除のこと)したので、
右腕のリンパの流れが悪くなり、
浮腫を発症するリスクがあるのです。

病院では、
・重いものを持たない。特に買い物袋などを腕に掛けたりしない。
・ゴムで締め付けるような服は避ける。
・虫さされや傷をつけないようにする。
・長時間腕を曲げているような格好はしない。
 (料理などする時には、時々手を上に向けてブラブラさせる)
・テニスなど、腕に遠心力がかかるようなスポーツは避ける。
・お風呂上がりには腕の表面を優しくマッサージする。

以上のようにアドバイスを受けました。
私は術側が右で利き手なので、
少々不便に感じる事もありますが、
今のところ大きな問題はなく、過ごせています(^_-)
長男を抱っこする時が一番大変かな?
テニスは唯一していたスポーツなのでちょっと残念ですが(;_;)
もうだいぶしてませんしね。
もうあとは、重たいものは完全にパパにお任せ!
買い物はなるべく宅配を利用し、
お風呂上がりに自分を労る時間をゆっくり設ける!!
(↑これはまだ、子供が小さいので達成出来ていませんが;)
このような対策を講じながら、
浮腫になるのを防げたらと思います。
あと、術後からあった腕の重だるい痛みですが、
いつの間にか、なくなっていました。
日常生活に戻って、毎日忙しいですが、
これも体の回復に一躍買っている、という事ですね(^_-)

連休明けに生検の詳しい結果が出ます。
それを見て、今後の放射線治療のスケジュールが決まります。
今はホルモン剤を飲んでいますが、
その結果で、抗がん剤に戻ることもあるかも?
(普通は無い、と言われましたが)
ホルモン剤の効きが良く出てるといいな~。
また順次、報告していきますねー(^_^)/


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

命を紡ぐ

前回の記事に書いた方のこと。
きっと今このブログを読んでくれている方の中にも、
その方のブログを読んでいた方が多いのではないかと思います。

先日その方のお通夜の後に、
ご長男さんが、ブログをアップされていました。
まだ成人前だというのに、
その優しさ溢れる文面から、
お母さんが残された「生きた姿」の大きさ、
意味深さを感じ取ることが出来ました。
きっと大丈夫。
偉大なお母さんのお子さんですから。
弟くんや妹ちゃんも。
お母さんが、心の中にたくさんの支えを残してくれているので。
だから、大丈夫。
そう信じます。

以前からも思っていたことですが、
信念を持って生きる、ということがこんなにも意味深いものなのだと、
改めて強く思いました。
人は皆、生きて死んでいきます。
いずれは死ぬのに、どうして生きるの?
とても難解な問いですが、
ひとりの乳がんと闘った母親の人生を通して、
子供たちは多くのことを学び取り、
生きることの素晴らしさ、そしてその真髄を、
悟ることが出来たのではないかと思います。
そしてきっと、これが「命を紡ぐ」ということなのではないでしょうか。
もちろん、私たちの心の中にも。
確実に、彼女の「命」が織り込まれています。

「永遠の命」は存在しませんが、
こうして未来永劫に紡がれていくのだとしたら。
まさしくこれが永遠となるのですね。
私も凛とした背中を、子供たちに残していきたい。
もしも夫や親兄弟、友人たちよりも先に逝くことになるとしたら、
その背中を覚えていてほしい。
そんな自分であり続けられるように、
背筋伸ばして胸張って!
日々精進して、生きていきたいと思います(^_^)/


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

それでも、生きていく。

ごめんなさい。
今日はちょっと重たい内容を書かせて下さいね。
でも、とっても重要なこと。

昨年終わり頃から、ある方のブログを読んでいて、
ずっと密かに応援していました。
その方が、一昨日の夜にお亡くなりになられたそうです。

その方も、私と同じ、38歳で乳がんが発覚し、
3人の子供を育てながら闘病していたようです。
9年間、最後まで諦めずに、果敢に癌に挑み続けていました。
愛する家族と少しでも長く一緒にいられるように、と。
今はただ、安らかに眠ってほしいと願うばかりです。
今までたくさん辛い思いをしてきたのだから…

死は公平に訪れる、と少し前に書きましたが、
やはりそれは間違いですね。
どんなに色濃い人生を送ったとしても、
「生きたい!」と思っているうちに訪れる死と、
天寿を全うしたような死では公平ではない。
まだ成人していない3人の子供たちと夫を残して
先に逝かなければならないなんて…
きっと無念だったと思います。
やっぱり世の中不公平だ。
このやり場のない虚しさを、
正直私には、無視することが出来そうにありません。

でも、それでも。

私は前を向いて生きていかなければならないのです。
もしも私の寿命があと数年なんだとしたら。
1日1日を大切に、一生懸命に生きて、残していくものを確実に残していきたい。
そうすることが、多くの癌と闘って天に召された方々への敬意となり、
私を支えてくれている家族や友人たちへの恩返しになると思うからです。

今、この瞬間を生きている。
それは確かな奇跡であること。
決して忘れてはならないことです。
命ある限り、精一杯生き抜こう。
今の幸せを噛みしめながら。


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



退院しました!

昨日の午後、無事に退院しました(^_^)/
傷の痛みもさほどなく、右手は少々使い難いですが、
今のところ何も問題はありません。
病院で言われているのは、傷口からの感染症に気をつけることと、
右腕のケア並びにリハビリです。
リハビリは、今日もきちんとしましたよ~!
腕が上がらないというわけではないのですが、
術後すぐの頃と比べると、脇の下が固まってきた感じがするので、
油断してはいけないと感じています。
リンパ節郭清した後の腕のケアについては、
また詳しく書きたいと思います(^_-)

しかし、帰宅して、あっという間に主婦に戻りました;
病院での時間の流れが嘘のよう(~。~;)
今日もいつの間にかこんな時間です;ヤバいヤバい(-ω-;)
癌患者には夜更かしは禁忌なはずなので、
今日は短いですがこの辺で。
取り急ぎ、退院報告でした!(^_^)/


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ママの勲章

今朝、ようやくドレインを抜くことが出来ました(*^^)v
このまま明日までに傷が腫れたりするような事が無ければ、
無事退院となります。
今のところ、大丈夫そうです(^ー^)
早く帰ってあげないと;
我が母(70歳超)の疲労が限界に近そうです。
ちなみに、主人も。
二人とも、末の長男に見事にエネルギー吸い取られてるようです(*_*;
男の子ってホントパワフルですよね。
しかも、私の乳がんが発覚してからは、主人に預ける機会が多くなり、
主人は面倒は見てくれますが、
男の人特有ですが、しつけはしませんので(..;)
この1年弱でだいぶワガママに育ってしまいました(+_+)
私が帰ってから修正しなければ!

さて、先ほど念願のシャワーにも入ってきました!
さっぱりしました~(*´▽`*)
で、初めてじっくり見ましたよ。
術後の傷。
鏡に映ったのを、しっかりと見てきました。
うぅ~ん、いきなりこれ見たら、
ヤ○ザの刺青の次にびっくりするかもな~。
自分はそのうち見慣れるんでしょうけど、
主人なんかは直視してはくれないでしょうねぇ。
(主人は血が苦手(´`:))

でも、主人にも子供たちにも、この傷がママの勲章だと、
いずれはそう思ってもらえるといいな、と思います。
つまり、今後の私の生き方がどうか?って事ですよね。
きっとこの先も山あり谷ありの人生。
でも。
精一杯前向いて、地に足つけて!
歩いていきたいと思います!(^^)!
(今日のBGMは中島みゆきの「ファイト!」でお願いします(*^^)v)


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



術後1週間

入院中あまりに時間があるので、
書きたいと思っていた記事を、ここ数日で一気に書いてしまいましたが;
今日は入院患者らしく、術後の経過を(^-^)

今日でちょうど術後1週間ですが、
ドレインがまだ抜けません~(;_;)
廃液が50cc以下になったら抜けるよ、と言われていて、
一昨日が60cc。
今日には抜ける!と予想していたのですが、
50ccを少し超えてたようで;
明日に持ち越されました_| ̄|○ガックシ…

シャワーもなしで一週間はキツいですよねぇ(ノД`)
頭なんかハゲてても(ハゲてるから!?)痒いしフケ出るし。
てな話を先ほど看護婦さんにしたら、
「頭だけ洗えますよ!午後から洗いましょうか(^-^)」と。

それ、早く言ってよ。

「水のいらないシャンプー」なんて買って、
毎朝、まるで育毛剤つけるおじさんみたく、シューシューしてたのに( ̄∇ ̄);

多分、すごく大きな病院じゃないので、
入院患者さんはおじいちゃん、おばあちゃんばかりで、
私くらいの年齢は少ないみたいで。
頭洗って、と言われるのが少ないのかもしれませんが。
私も、早く気付けば良かったんですけどねσ(^_^;

そんなわけで、午後には少しサッパリできそうです♪

また、毎日リハビリも行ってますが、
腕を上げたりする動作は割と問題なく出来るのですが、
一昨日くらいから重怠さを感じるようになってきました。
昨夜はその痛みが顕著に感じられてしまって、
なかなか寝付けませんでした。
特に肘から手の甲にかけてが辛くて。
でも、ちょっと不思議なのが、
私はリンパ節を大きくえぐって取っているので、
リンパの流れが滞って重怠い痛みになるのは分かるのですが、
普通は先の方から戻ってくる流れが滞るので、
腕を上げていると楽になるはずなんです。
でも、私は逆。
上げている方が辛くて、更にベッドに寝てもジワジワ辛くなります。
う~ん、何でだろう?
とりあえず、先ほど看護婦さんがベッドの頭を少しあげてくれたので、
これで寝てるときの腕の重怠さが少しは軽減すると良いのですが。

しかし思うのは、病気しなかったらリンパの流れとかって、
こんなにダイレクトに感じることなかったな、と。
脇の下や首筋、足の付け根など、リンパ節って大切なんですね。
人間の体って、ホント微妙なバランスで精巧に出来てる。
もちろん人間だけじゃないですが、
生命体って神秘です。
だから大事にしないといけないんだな~。
そう改めて、気付かされました(^ー^)

さてさて、肝心の退院ですが、土曜日を目指します!
明日、先生にお願いしてみます!


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

はなちゃんのみそ汁


はなちゃんのみそ汁はなちゃんのみそ汁
(2012/03/13)
安武信吾・千恵・はな

商品詳細を見る


↑既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、
私の場合は今からちょうど4年前、長女が年少さんの時に、
本の中にも出てくる助産師の内田美智子先生が幼稚園に講演にいらして、
千恵さんが乳がんと戦いながら、娘のはなちゃんに何を残していったか
のお話をしていただき、感銘を受けました。
(※内田先生の講演会でしたので、お名前は伏せられていたと記憶しています)
ですが、お恥ずかしい話、その時はまさか自分も千恵さんと同じ境遇に
直面することになろうとは想像出来ず;
その後、上記の本が出版され、あさイチや金スマに出たりしていたようですが、
毎日子育てに明けくれる私の目の中には入ってきませんでした。

ただ、子育ての基本理念のひとつとして、ずっと心の中にありました。
「子供になにを残せるか」
「生きる事と食べることは直結している。食卓が基本」
「将来自活できる人間に育て、社会にお返しするのが親の責任」
内田先生から聞いた千恵さんの生き様が、
私の子育てに道しるべを立ててくれていました。

そして昨年の乳がんステージ4宣告。
まさに青天の霹靂。
立ちつくしました、本当に。
自分はいったい何に向かって歩いていけば良いのか?
先には死が待っているだけかもしれないのに…

ですがその時、私の心の中にあった千恵さんの理念が、
私を奮い立たせてくれたのです。
子供達に生きる事の意味を、そして私の生き様を、
残していかないといけない。
子供達が社会の中で、自分のカで幸せに生きていけるように。

その後、この話の元がブログだと知り、
全部ではないですが、本と併せて拝読させて頂きました。
そして気付いたのが、これは私的な話なんですが、
千恵さんと共通することが多いということです。
まず、千恵さんは私と同い年。昭和50年生まれ。
そして、北九州の私立小学校の声楽の先生をされていたとのこと。
この小学校は子供たちが通う幼稚園から毎年多くの子が入学します。
(我が子は公立ですが)
そして何より、千恵さんの曾お祖父様は奄美の出身で、
だからか島唄が大好き。
実は私の父は沖縄・石垣島の出身で、私も島唄が大好きなんです。
なんか…ホント一方的なのですが;縁を感じてしまいました。
私が北九州に来て乳がんになったのは運命だったのだと、
妙に納得してしまいました。

さて、私の話はさておき、
私もブログをするようになって確かに感じているのは、
まだ幼い我が子を抱えながら、癌と戦っているママが多いということです。
近年その数は増加傾向にあると。
皆さん、「死」という恐怖を背負いながらも、一生懸命生きています。
もしまだ読んでないのでしたら、
ぜひ「はなちゃんのみそ汁」読んでみてください。
ブログの方もぜひ。
(リンク貼りました。「早寝早起き玄米生活~がんとムスメと、時々旦那」→)
千恵さんが様々な思いと葛藤しながらも、
自分の人生を真摯に受けとめ、
何に重きを置き、ひとり娘のはなちゃんに何を残していったか。
とても参考になると思います。

もちろん、癌サバイバーでなくとも、子育てバイブルのひとつとして、
多くのママ、パパ達に一読してもらいたい本です。
誰にも公平に訪れる死。
だからこそ、自分が後世に残せるものは何か?
じっくり考えてみませんか?

※千恵さんはマクロビをはじめいくつかの代替療法を
行いながら癌の治療を受けていますが、
千恵さんが残したブログや本は、
決してそれらの代替療法によって癌が治癒すると主張している
訳ではありません。
「癌と戦う姿勢」という視点から読むならば、
千恵さんは身をもって、いくつかの民間療法の
千恵さんにとっての効能を示してくれた、
ととらえるべきと、個人的には思っております。



良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


選ばれし者

少し前になりますが、ママ友が家に遊びに来てくれた時の会話です。

私「なんで私が癌なんだろう?てやっぱ思うよね。
  だって私以上に不健康な食生活の人はたくさんいるのに」
ママ友、ウンウンと頷いて、
 「私もそう思う。なんでうちの子だけが~て思うよー(´`)」

友人は下のお子さんだけアレルギーがあって、
そのケアにとても気を配っていました。
私の身内にはアレルギーの人はいないので、
アレルギー持ちのお子さんがいらっしゃるママさんたちの
頑張っている姿を見ると、
本当に頭が下がる思いがするし、勉強にもなります。
そして、その時に彼女が何度も言っていたことは、
「食事で変わる」
ということです。
油を変えたり、玄米食にして、お子さんが改善されたとのこと。
ご本人が実感しているので、
やはり日々ロからとり入れる物が体を左右する、
ということは、ほぼ真理に近いのではないか、と私も感じています。

しかし、最初の問いにもどりますが、
ではなぜ家族で私だけが癌になったのでしょう?
友人も、なぜ下のお子さんだけがアレルギーに?
ブロ友さんのコメントでもあったのですが、
毎日コンビニ弁当でも元気な人はたくさんいます。
なのになぜ??

…それはハッキリ言って分かりません。
きっと微妙な差が合わさって合わさって、
発症する人、しない人。また違う病気もたくさんありますし、
人それぞれ、なんだと思います。
一言で言ってしまえば、運が悪かった、ということです。
悲しいけど、そういうことです。

でもですね、そこで思考が止まっちゃダメですよ!
例えば乳がんは、20人に一人と言われています。
私の周りでは、30代でなっている人は私だけ。
自分で言うのも何ですが、ちょっとした先鋭です。
アレルギーの子供も、多くなってきているようですが、
全体の2~3割でしょうか。
決して多数ではありません。

言うなれば私達、「選ばれし者」だと思えませんか?

もしも乳がんにならずに、体に何がよいのか、全く疑問に思わず、
そのままの生活を続けて、年とって、何かの生活習慣病で通院して…
それでも普通に幸せですが、
夫や子供達には健康な人生を送らせてあげることが
出来ないかもしれません。
神様は、私達の大切な者を守るために、
私達を先鋭隊として選んだのかもしれません。

そう思うと、ほら!なんか胸を張ることができません?(^ー^)

私達にはきっとやるべきことがあるのです(^_-)
自信を持って、胸張って!
一歩一歩、一緒に歩いていきましょう(^o^)/


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スタート!

気持ちのいい朝ですね(^ー^)
福岡は昨日は一日中雨でしたが、
今朝は爽やかな青空が広がっています。

術後の経過は順調です。
傷の痛みもほとんどなく、腕を上にあげるのもさほど辛くないです。
今日からリハビリが本格的に始まるそうです。

手術にこぎ着けるまでは、
約半年間の化学療法を行うなかで、最初の脇の痛みが緩和していき、
それに相反して腰の痛みがひどくなったり、
原発病巣もFECでは小さくなりましたが、
ドセタキセルが効かなかったなど、
本当に良くなったり悪くなったりの繰り返しでした。
最後の方は、正直薬ではコントロールが出来なくなっている状態
だったので、
今は原発巣とリンパ節の転移癌を切除でき、
気分的にもとてもスッキリした思いです。

しかし、忘れてはならないのは、
これが終わりではないってことです。
今後、放射線治療が待ってますし、ホルモン療法はずっと続きます。
私の場合、肺の転移癌が寛解(画像上の癌が消えること)
したわけではないので、まずは、それを目指すことになると思います。
もし、寛解したとしても、
次は新たな転移を防ぐため、治療は続きます。
そして、もし再発してしまったら、
奏功せずに悪化した場合もそうですが、
また抗ガン剤の治療を行うことになります。

先はまだまだ長い。
言わば、今までは前哨戦で、私は今、ようやくそのリングに上がったのかもしれません。
ならば、戦い方を考えなければいけない。
まずは、現状をより良くするために、
標準治療を続けながら、
自分で出来ることはとりあえず試してみようと思っています。
食事や生活習慣、メンタル面でのコントロール、
巷では癌に良いと色々と情報が溢れていますが(^_^;
自分なりに精査して、良さそうなものを取り入れて行きたいと考えています。
詳しくは、順次ブログにもアップしていきますね(^_-)

ここからが、私の本当のサバイバルのスタート!です。
今までの前哨戦のなかで、友人たちから同じ乳がんサバイバーで、
ステージ4であっても、今でもお元気な方々のお話も聞きました。
私も負けていられません!
頑張るぞ~~ファイト~\(^o^)/


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

よき出逢いを

今日は暇なので、ちょっと思い出話を。

私は某海洋系の大学出身です。
なにを血迷ったか、修士課程まで進んでしまい(-ω-;)
おつむが足りなくて研究には本当に苦労しました。
でも、何とか卒業。
某独立行政法人の海洋研究機関に属する会社に就職しました。
学生時代から船に乗って、海の水汲んで、実験して~、
を繰り返し、気付いたら30歳。
当時つき合ってた主人に、「子供が欲しい」と素直に伝え、
船を下りて結婚する道を選びました。

今のママ友に話すとても驚かれます。そんな仕事あるのー!?と。
確かにマイナーですよねσ(^_^;
当時は研究も仕事も必死で(振り返ると、私っていつでも必死なんですが;)
特に仕事は国家的な大きなプロジェクトで動いているものもあったので、
失敗してはいけない、
少しでも良いデータを出さないといけない、
というプレッシャーを凄く感じていました。

でも、不思議と今振り返ると、とても良い思い出ばかり。
大学の研究室の先生方、元職場の上司や先輩方は、
私にとても大切な事を教えてくれました。
それは、時には私を否定する事もありました。
しかしそれで、私は自らを客観的に捉える大切さを覚え、
今の私の生きる糧にもなっています。

大学時代、職場の友人たちは、私の大切な財産です。
苦労を共にしながら、
みんなで潮まみれになりながら観測にあけくれたこと。
船内や異国の地でワイワイ飲んだこと。
どれも一生忘れることのない思い出です。

海洋研究に携わったおよそ10年間。
今はどっぷりと主婦生活に浸かってしまって嘘のように感じますが、
あの時の経験が今の私を生かしてくれているのは確かです。
そして、人も。
その時に出会った人々が、私に様々な影響を与え、私を支えてくれています。

研究という世界は、様々なしらがみや思惑が、水面下でうごめいています。
それにお金がとてもかかるものです。
一概には言えませんけど、お金をかけた方がより良い研究成果を望める事は否めません。
その中で、いかに自分が自分の信念に誠実に生きられるか。
わたしは、それはやはり「人」でないかと思うのです。

小保方さんの会見での涙を見たとき、
この涙を流させる前に、彼女の狭くなっている視野を開化させ、間違いを訂正させる人は
なぜ彼女の周りに存在しなかったのだろう、と歯がゆく思いました。
また、自分を否定する物を受け入れていたのだろうか、とも思いました。
彼女も大人ですし、正しいか否かの判断は自分で出来るはずなので同情はしませんが、
せっかく若くして、しかも女性の研究者の華々しい成功を見られると期待していたのに、
環境が味方をしてくれなかった事が、残念でなりません。

しかし、どの社会で生きようと、どのような人と出会おうと、
自分の人生は自分が生きるものです。
生きていく上での経験、出会いのなかで、自分をどのように成長させるかは、
やはり自分自身です。

相田みつをさんの言葉で、このような言葉があります。
「よき出逢いを」

ぜひ自分を高められる出会いを。
そして自分自身も、相手にそう思ってもらえる人間でありたいと思います。


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。