スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母への想い、母の想い

私の手術のあった週から、
実母に手伝いに来てもらっていましたが、
先日の土曜日に、千葉へ帰って行きました。
3ヶ月弱の滞在でした。

母は72歳。
私が結婚する前より体がひとまわり小さくなり、
ここにきてまた数キロ痩せてしまったようです。
もう立派なおばあちゃんです。
東北で生まれ育った母は気丈で、良く働きます。
起きて寝るまで、本当に良く手伝ってくれました。
絶対おまえは無理しちゃいけないと…
自分こそ疲れがたまりヘトヘトだったでしょうに。

でも、私の手伝いに来てくれている間、
母はいつでも笑顔でした。
子供たちともよく遊んでくれて、
なかなか祖父母とふれ合う機会の持てなかった子供たちにとって、
心のより所がまた増えたようで、
私も安心出来ましたし、
母にとっても楽しい思い出が出来たようです。
私は里帰り出産を一度もしたことがないので、
そういった意味でも、
孫との濃密な触れ合いの時間を持てたことは良かったと思えます。
子供はパワフルですから、半端なく疲れたとは思いますがσ(^_^;

実は、母の小さくなった背中を見ていると、
申し訳ない気持ちでいっぱいになり、
一度「親不孝でごめん」と泣いてしまったことがあります。
母が幼い頃から東北の片田舎で苦労を重ね、
上京して父と結婚してからも、
父と必死に、私と兄を育て上げてくれたこと。
本来ならばそんな決して平坦ではなかった人生に、
「ありがとう。ご苦労さま。」と、
ゆったりとした時間を過ごさせてあげたかったのに…

でも母は言ってくれました。
「私はおまえたちを産んで育てて、72歳まで生きて幸せだよ。」

本当に苦労に苦労を重ねたような人生。
それでも、私や兄と生きれただけで幸せだと。
私の幸せが自分の幸せだと、涙を溜めた目が語っていました。
母親の愛とは、こんなにも深くて大きい。
そして、自分に置き換えて考えると…
やはり私も、同じ事を言うと思います。
そんな偉大な母親に、自分もなりたいと思いました。

私の癌が今どういう状態か、
正直なところは話せていません。
母は治った、と思って帰って行きました。
これ以上、悲しませることは出来ません。
これからの私がしなければならないこと。
母よりも長く生きること。
幸せになること。
そして、子供たちにとって唯一無二の母親であること。
母に感謝と尊敬の念を持って、
最後まで私も、子供たちの母親という仕事を
頑張ってやり遂げたいと思います。

↓tomotanさんのブログで知った動画
「お母さんという仕事」

感動しました!!
tomotanさんの記事もとってもステキです(*^▽^*)
皆さんもぜひ一度見てみて下さい!


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

生を諦めない~長男の出産

6月7日は長男の2歳の誕生日でした。
2年前、長男は北九州市にある
「なかむら産科医院」で産まれました。
この産院では、
極力医療介入をしないお産を理想としていて、
分娩台はひとつもありません。
みんな畳の部屋の布団の上でお産します。
私は、どうしても子連れでの通院になるので、
保育室が併設されていたこの病院を選んだのですが、
結果的に、この病院で産んで良かった!と心底思っています。
そのくらい、長男の出産は神秘的で、
生命の力強さを感じることが出来たのです。

陣痛は朝、突然やってきました。
早朝6時に出勤の主人にいってらっしゃい、と言った時は普通でした。
でも、7時頃から何となくお腹の張りが怪しい…;
起きてしばらく様子を見ていたのですが、
お腹の張りがどんどん強くなってきているので、
陣痛と判断し、子供たちを起こし、
次女の着替えは当時年長さんだった長女にお願いして、
タクシーを呼んで、3人で病院に向かいました。
車中で主人に電話。
「今、病院向かってるから(゜◇゜;)」
「なんで?(・∀・)」
生まれそうなの!!(≧◇≦);
「マジで?(||゜Д゜)」
予定日までまだ17日ありましたし、
朝、私が普通だったので仕方がない反応ですが(^_^;)

そうこうしてるうちに病院に到着。
奥のお産の部屋に通されました。
先生や助産師さんから言われていたことは、

いきまないで下さい

いきむな、とは?(;・д・)
つまり、赤ちゃんは自ら産まれてくる力を持っているので、
赤ちゃんの動きに合わせ委ねる方が、
赤ちゃんも苦しくない(母体がいきむと筋肉が緊張して苦しくなる)
と言うのです。

私は上の2人は分娩台で産んだので、
初めは布団の上に普通に座り、
助産師さんに寄りかかるような態勢をとっていたのですが、
四つん這いの方が絶対楽よ!(重力に逆らわない、ということらしい)
とのアドバイスを受け、
大きな四角いクッションにしがみつくような形になりました。
そして、いきみ逃し。
でも、陣痛がきたら、いきみたくなりますよね~(>_<);
それでも、赤ちゃんの動きに委ね、私は合わせるだけ。
いきまない、いきまない!
と思っていたら…

「ああぁぁぁ!!!」

すごい叫び声が((((;゜Д゜))))
もう、顎が外れるんじゃないかと思うくらい大きな口を開けて、
叫んでました;
でもいきまないようにしようとすると、どうしてもそうなっちゃうんです。
助産師さんは、「とっても上手ですよ!」
と励ましてくれました。

そんな母親の姿を見て、次女はべそをかいていましたが、
長女は落ち着いていて、(というか、楽しんでいた?(^_^;))
次女とおにぎりを食べたり、遊んだり、
時にはうちわで私を扇いでくれたりしました。

こうして、いきみ逃しの雄叫びを続けること1時間。
着ている服もしがみついていたクッションも汗でぐっしょり。
私もさすがに辛さがピークになってきました。
でももちろん、ここで諦めるわけにはいきません。
赤ちゃんが必死に頑張っているのです。
大きな陣痛がきました。
私は大きな声を出しながら、赤ちゃんが産道を旋回するのを感じました。
頭や肩が通っていくのが分かります。
あぁ!もうすぐだ!!
次の陣痛。
赤ちゃんがまるで押し出されるようにするっと産まれ、
泣き声がしました。
そして、四つん這いになった足の間から、
へその緒がついたままの我が子を手渡されました。
赤ちゃんは…ほとんど血の付いていない、
真っ白できれいな肌をしていました。
顔をくしゃくしゃにして、体を震わせて泣いています。
思わず涙が溢れました。
ありがとう、と何度も言いました。

その後、赤ちゃんはへその緒を付けたまま、
私の横に寝かされました。
長女も次女も、かわいい!と言いながら、
新しい命をのぞきこんでいます。
私も、産まれたばかりの我が子を見ながら、
命の誕生の神秘を、今一度噛み締めていました。
確かにこの子は、まさに生きようと自ら産まれてきた。
私が産んであげた訳ではない。
産まれてきたのだ…

その後、主人が病院に到着するのを待ってから、
主人と子供たちでへその緒を切りました。
予定日より17日早かったのですが、
3370グラムの立派な男の子でした。

こうして私は、3人目の出産で初めて、
自然体で生む事を体感出来たのです。
これが初産だったら無理だっただろうな、と思いますが、
私の人生の中で、このような高尚とも思える体験を出来たことは、
とても意味の深いことだと思うし、
私のお腹に宿ってくれた長男に感謝しています。
長女と次女にも、命の誕生を見せることが出来て良かったと思っています。
この先、生きていく中で、
もしも命について考えるような時があったら、
弟が一心に生に向かって産まれてきたことを思い出してほしい。
そしてこの母も、全身全霊で出産に挑んだことを。
そうやってあなた達3人、私たちのもとへやってきたのだから。

長男の出産を振り返って、
たとえ乳がんだからと言って、
やはり私が、生きることに諦めを見いだしてしまってはいけないと、
改めて気が付きました。
7日にはなかむら産科を訪れ、先生にも言ってきました。
「また来年も遊びに来ます!」
必ず、子供たちの成長を見せに、
そして私の元気な姿を見せに、
この産院を訪れ続けたいと思います。 


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

蛍の光に願いをかけて

一昨日の土曜日、家族で蛍を見に行きました。
私たちが住むマンションの前には小さな川が流れているのですが、
夜になるとその川で蛍が飛んでいるのを主人が見つけて、
みんなで見に行きました。
子供たちは大はしゃぎ。
長女は蛍を追いかけ、次女はずっと私と手を繋いでましたが
とても嬉しそうでした。
末の長男はお姉ちゃんを追いかけてダッシュ!
これがけっこう速い。
拙いですが「待って~」と言いながらなのもかわいいのです。

私はなんて幸せなんでしょう。
こんなかわいい子供たちに囲まれ、それを見つめる主人がいて。
でも…蛍のついては消える淡い光を見ながら、
少し切ない気持ちになりました。

私がここ最近落ち込み気味である一番の理由は、
腫瘍マーカーが上がり続けていることです。
5月の値も上がっていて、
CA15-3の値は120(基準値25以下)と、3桁になってしまいました。
先生は、ノルバデックス、効くはずなんだけどな~、と。
放射線治療の効果もあるかもしれないから、
6月の前半にもう一度値を見て考えましょう。
CA15-3の値は3桁でも元気な人はたくさんいるので大丈夫ですよ、
と言われました。
私、この時に思いました。
私はどうあがいても、癌患者なんだと。

ある意味調子が良いというか、
私には実は癌患者としての覚悟が足りなかったのかもしれません。
抗がん剤FEC療法で42まで下がったCA15-3の値。
ホルモン剤で基準値以下まで下げていきたいと思っていました。
ドセタキセルも効果がなく、ノルバデックスの効果もイマイチとなると、
自分の癌のたちの悪さが伺えます。
これから先、腫瘍マーカーの値が基準値超えで落ち着いたとしても、
いつまた癌が活動を活発化させるか、びくびくしながら過ごすのか…
果たしてそれは、あと何年、持ちこたえることが出来るのか…

私にも夢がありました。
大したものじゃないです。普通の夢。
子供たちの運動会には毎年お弁当を頑張って作ってあげよう。
上二人は女の子だから、何か悩んでそうだったら力になってあげよう。
末の長男は野球するかな?サッカーかな?
試合の応援に行かなくちゃ。
子供たちに手がかからなくなったら、パパとまた映画見に行きたいな。
いつかは2人で考えた家を建てたい。
そして、子供たちが成人して結婚したら、
おめでとうと言おう。幸せになって、と言おう。
私はパパと二人、子供たちが巣立った家でのんびり過ごそう…

ごく普通の夢…
でも、私にはいくつ叶えることが出来るのでしょう。
こんなこと、考えても良いことないと分かっていても、
子供たちの笑顔や主人の横顔を見ると考えてしまうのです。
家族と別れたくない。
ずっと一緒に、歩いていきたい。

神様、お願いです。
また来年も、その次の年も、ずっとずっと、
家族で蛍を見に行けますように。
ホタルを追いかける子供たちを、
主人と二人で、ずっとずっと見守ることが出来ますように。


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

放射線治療スタート

5月23日の金曜から、放射線治療が始まりました。
腰の左側にも、また痛みが出るようになっていたので、
術後の右胸と鎖骨上リンパ節部分(ここにも転移あり)
に加え、腰にも照射することに。
初めは一気に3カ所すると体に負担がかかるので、
胸と鎖骨上が終わってから腰を、と言われたのですが、
腰に照射する放射線量を少な目にして、期間を長く当てた方が、
その後の骨の修復を期待できる、とのことで、
26日月曜からは腰も加えた3カ所を照射しています(^_-)
トータルで25回(土、日は休み)。
6月第4週までの予定です。

放射線治療には主治医の先生の病院ではなく、
近くの総合病院まで通っています。
放射線治療棟が新設されており、
混み合っている他科の雰囲気とは明らかに一線を画した感じ。
きれいで静かで気持ちも落ち着くのですが、
ちょっと寂しい気もします。
照射装置(リニアック)が置かれている部屋は、
入り口には重厚で大きな扉がついていて、
装置まで少し廊下を歩くような形になっています。
だだっ広い部屋で、
私が横になり身体の位置決めが終わったら、
ひとり残されて放射線を照射。
もちろん、余計な被爆を避けるため当然なのですが、
これもちょっと寂しい気がしてしまいました。。。

というふうに、最近珍しくちょっと落ち込み気味で、
まぁ、理由は色々あるのですが(´`)
ひとつは、放射線科の先生にハッキリと、
「まゆささんの場合、既に遠隔転移している(この場合肺のこと)ので、
根治を目指すのではなく、痛みなどの緩和が目的です。」
と言われてしまったこと。
うーん、分かっちゃいるけど、
はっきり言われるとやっぱり凹みます(´д`)
そして、3月のCTの画像を詳しく見せてもらったのですが、
左側の骨盤は白くスカスカになってました。
なるほど。これじゃぁちょっと走っただけでも痛くなるよねぇ(+_+)
それと、ここにもあるんですよね~、と、
ちょうど腰の真ん中にも病変があることを知らされました。

何がショックかというと、
ゾメタを打っているのにも関わらず、骨が溶けていくのを、
つまり癌の勢いを完全に止めることが出来ていない、ということ。
私のガンってば、なんでそんな元気なの?
私自身、とても元気だったので、癌細胞もそれを引き継いでいるのでしょうか?

まぁ、落ち込んでいても仕方ないので、
左側の骨盤は、放射線の効果で修復出来ることを期待したいと思います。
(放射線の治療が始められるのは、基本的には痛みがなどの症状があってからに
なるので、今は骨盤への照射のみになります。)


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。