スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FECの副作用-脱毛

今回は、抗がん剤の代表的な副作用、脱毛についてです。

病院で事前に説明があったように、
初めのFEC投与から二週間ほどで、脱毛が始まりました。
乳がん告知を受けてから、美容院で髪の毛を短めに切っておいたのですが、
ショートの髪の毛でも抜けると厄介そうなので、
本格的に脱毛が始まる前に、バリカンで坊主頭にしておきました。
これが、けっこう良かったと思います。
抜け始めた毛を処理するのはとても楽でした。

今現在、頭の毛はちょぼちょぼと残っています。
皆さん、そんな感じなんでしょうか?
私としてはつるっと抜けてもらった方が瀬戸内寂聴さんのようでかっこいいな~、
なんて思っていたのですが(笑)

それはさておき、毛が抜けてしまったら、「かつら」です。
これがですね、非常に、蒸れます。
私の場合は抜け始めたのが8月でしたので、
猛暑のさなか、とてもかつらをかぶる気にはなれなくて。
しばらくはターバン型のぼうしをかぶってしのいでいました。

9月下旬頃からかつらをかぶり始めましたが、
やっぱり自分で幾分かの違和感を感じてしまいます。
なかなかかっこ良くは決まらないです。
この際だから、自分の髪の毛では出来ない髪型を楽しもうかな?
などと考えていたのですが、
実際そのようなかつらをかぶってみると気恥ずかしさが先行してしまって、
女装する男の人の気持ちが少し分かった気がしました(苦笑)

女の人は髪が命、ともいうくらいですから、
脱毛することで辛い思いをしている方は多いと思います。
私は、性格上、髪が抜けてもまた生えてくるからいいや、
くらいにしか考えていませんが、
それでもやはり、自分の髪でない頭で外出することに、
多少のストレスを感じてしまっています。
(面倒くさい、気持ちが大きいのですが;)

それと、かつらをかぶっていることを恥じている気持ちは全くないのですが、
人に出来るだけかつらと悟られないようにするのも、
エチケットなのかな、とも思います。
なんていうか、「私乳がん患者です」ってあけっぴろげに
分かるようにしなくてもいいかな、というか。

どなたかのブログで、乳房の全摘手術を受けて、
その後そのままで温泉に入ったら、やっぱり周りは自分の胸にくぎ付けになって、
自分は見られても平気、と思っていたけど、
見せられた方の気持ちを考えたら、見せないのもエチケットだと思った、
と書かれていたのを見たことがあります。
その気持ち、よく分かるんです。
かつらも、そこまでではないですが、状況は似てるのかな、と思うのです。
周囲に余計に気を遣わせてはいけないのではないかと。

ですから、今はかつら+ぼうしのスタイルで外出しています。
抜ける前は「かつら」を楽しもう!と思っていましたが、
実際は「帽子」を楽しんでいます。
今まで、そんなに帽子にこだわりを持っていなかったのですが、
キャスケットなんてかぶって、若返った気になっています(笑)

病気でもおしゃれを楽しむ気持ちは大切だと思います。
とても信頼している先輩から、アメリカのドラマ「Sex and the City」の中で、
主人公が乳がんになって、かつらをとてもかっこよくつけてるよ!
とのアドバイスも受けているので、
時間が出来たら、そちらも参考にしようかな、と思っています。


良かったらクリックお願いします!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。