スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CTの結果と今後の治療

12月20日(金)にCTの結果を聞き、今後の治療方針が決まりました。

CTの結果では、
6センチ越えだった脇の転移巣は3センチ弱まで縮小。
原発巣には触れておらず、
先生曰く、1センチ未満まで小さくなったのだろう、とのこと。
肺の転移は、三つほどの小さいものに減っていて、
これは気にしなくて良い、と先生に言われました。
ただ、骨盤の集積は、前回とあまり変化は見られませんでした。

FECは原発の癌とリンパ節や肺への転移癌には良く効いたようですが、
骨の方にはあまり効かなかったみたいです。

また、腫瘍マーカーCA15-3の値は41.6まで下がりましたが、
先生はもう少し低い値を期待していたようで、
「次も抗がん剤・ドセタキセルをやりましょう」
ということになりました。

本来なら、年末に新しい薬の投与は控えるので、
27日は休薬日にすると言われていたのですが、
期待していた値まで腫瘍マーカーが下がらなかったことや、
私が、出来るなら途切れずに抗がん剤を続けたい、と希望したこと、
FECに比べドセタキセルの方が副作用が軽くなる人が多いこと、
などを考慮し、やはり27日からドセタキセルを始めることになりました。

ドセタキセルの投与も、少なくとも4回行われるので、
切除手術は、3月の終わり~4月の初めになる予定です。

それから、先生に気になることを質問しました。
ひとつは「潜在性乳がん」のこと。
自分も当てはまるのかを聞きましたら、私はこれには近いけど当てはまらないそうです。
「潜在性乳がん」は、もっと長期的に診ていても、原発巣が見つからない場合
なんだそうです。
私の場合、リンパ節の転移癌の方が早く大きくはなりましたが、
初めの段階(元々の癌の大きさは1.5センチで、早期の大きさ)で
リンパ節に転移してしまったのは、
原発巣の出来た位置が、乳腺のぎりぎり端っこで、
リンパ節に非常に近い場所だったからだろう、とのことでした。

もうひとつ、生理が再開したことは大丈夫なのかを聞きました。
やはりこれは「好ましくない」状態なんだそうです。
私の癌は、ホルモンレセプターが陽性のタイプで、
つまりホルモンを餌に大きくなります。
生理が再開したということは、卵巣の機能がまだ働いていて、
ホルモンを出している状態なので、
あまり好ましくないそうです。

ただですね、抗がん剤治療を始めると9割の人が生理は止まるらしいです。
「まゆささんは、それだけ若いというか、元気だということです」
と言われました。
先生、苦笑いしてましたよ^^;
(元気はともかく、若くはないもんね;)

自分でも、3人の子供にも恵まれたし、
妊娠出産に関しては特にトラブルが無かったので、その辺丈夫なのかな~とは思ってましたが。
ここでも残りの1割になるとは。

でも、ここは良い方にとらえようと思います!
元々の体が丈夫というのは、
決して”不利”ではなく”有利”であるはず。
今は「好ましくない」状態ではありますが、
ドセタキセルを始めれば、また生理が止まるかもしれないし、
それでも生理があるならば、生理を止める薬を注射するそうです。
ドセタキセルを何としても乗り切り、
癌細胞をどんどんやっつけていきたいです。



良かったらクリックお願いします!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。