スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信念を持って

先日、バリでダイビング中の邦人が遭難・漂流した事故。
未だインストラクターだった高橋祥子さんが行方不明のままです。
実は高橋さん、学生時代の後輩なんです。

事故の一報をテレビのニュースで見たとき、すぐには後輩だと分かりませんでした。
主人に言われて思い出しました。
学生の時、ほんの一時期でしたが、一緒にご飯を食べたり、スポーツで汗を流したりしました。

人懐っこい感じで、明るくてかわいらしい印象でした。
社交的で、誰とでも仲良くなれそうな感じでした。
交流があったのはその時だけで、その後彼女がどうしていたかは知らなかったのですが、
調べてみたら、大学卒業後すぐにバリに移り住み、
そこで自分でダイビングショップを経営していたようです。
バリの方と結婚し、仕事もまずまず順調で、
時々海外旅行を楽しみながら、幸せに暮らしていたようです。

そして先日の事故。
経営者、そしてインストラクターという責任を果たして、彼女は今も見つかっていません。
(一部報道では、助かった方を岩場に押し上げて、
最後の一人(亡くなった方)を押し上げている時に波にさらわれたとあります)
責任者なんだから当たり前の行動だという人もいるかもしれませんが、
はたして自分だったらそれが出来るか?
私には自信がありません。

でも、彼女がどうしてそれが出来たか?
その理由なら分かる気がします。
おそらく、彼女には信念があったのだと思います。
バリでインストラクターとして生きた十数年。
その中で、貫き通す信念を、得ていたのだと思います。
35歳で突然絶たれた人生ですが、
信念を持って生きたことは充分に意味のあることだと、私は思います。

そして、今回のこの事故で改めて思ったこと。
それは、「死」は決して他人事ではない、ということです。
もしかしたら、明日交通事故に合うかもしれないし、
突然の天災に遭遇するかもしれません。
明日のことなど誰にも分からない。
自分が「数パーセントの確率」側の人間にならない保証など、無いのです。

だから、「信念」を持つことはとても大切なんだと思います。
何の気なしに生きるのではつまらない。
いつ終わるのか分からない人生だから。
「信念」を持って、色鮮やかに生きようじゃないか。

後輩に、こんなふうに言われたような気がします。
引き締まったよ、祥子ちゃん。
私も頑張って生きていくからね!



良かったらクリックお願いします!
スポンサーサイト

Comment

No title

そうだったんだ・・・。

「信念」と「希望」はいつでも持っていたいよね。

Re: No title

ニモさん、こんばんは^^

そうなのよ。
交流があったのは、私が4年生の頃の数か月。
学科も違ったからすごく親しくしたわけではないのだけど、
明るい笑顔ははっきり覚えています。

その頃の彼女はまだハタチ前だったかも。
きゃぴきゃぴしてる?(死語!?)って感じもあって。
だから尚更、今回の事故には驚きました。

私たちもいいおばちゃんな年齢に差し掛かってるけど;
彼女もこれまでの人生で、いろんな出会いや経験を通して、
たくましく成長していったのだろうな、と想像したり。
「信念と希望」きっと持っていたんだろうな思います。

引き継ぐなんておこがましいけど;
同じ学び舎で学んだ者の「縁」として、
彼女の事、忘れないでいようと思ってます^^

考えさせられます

こんばんは~
確かに引き締まる思いですね…

死と隣り合わせのあたし達
信念と希望を持って胸を張って生きていきたいです。

高橋さん、本当に素晴らしい方でしたね。見つかる事を心よりお祈りします。

Re: 考えさせられます

にこさん、コメントありがとうございます^^

癌になって、自らに訪れる「死」をどうしても考えてしまいますよね。
けど、それは特別な事ではないんだと、気付かされました。
そして今現在、私たちは確かに生きていますから、
希望のある人生を生きて、信念を持って後悔の無い人生にしたいなと、
(理想ですが)思います。

後輩が早く見つかりますように、私も祈ってやみません。
この祈りが届きますように。
(報道も全くされなくなってしまって・・・ご家族の思いを考えると本当にお気の毒です;;)

No title

高橋さんとお知りあいだったのですね、一日も早く見つかる事祈っています。
私は、10年前に長女を生後6日で病気で亡くしています。
今回、改めて思いました。信念と希望を持って後悔のない人生私も一生懸命生きたい。
いずれ、長女と会うときがきたら 「ママ、頑張ったね」ってほめて貰えるように生きていきたい

Re: No title

さちさん、こんにちは^^

さちさんは10年前にも大変お辛い経験をされていたのですね。

確か仏教の考え方だったと思いますが、
人は魂の穢れ(けがれ)を落とすために現世に産み落とされ、
幾度の困難を乗り越える修行を行い、
魂が浄化されると極楽浄土に行けるのだそうです。

さちさんのお子さんは、魂に穢れのない、最も純粋なお子さんだったのだと思いますよ。
現世に生きる私たちにはまだまだ修行が残っていますが、
自分の信じるものに誠実に、一生懸命生きていたら、
お嬢さんに次に会えた時にはきっと言ってくれます。
「ママお疲れ様!頑張ったね!!」って。
笑顔できっと^^言ってくれますよ^^
極楽浄土で、仏様と一緒にさちさんを見守っています。
頑張りましょうね!
私も頑張ります!!

No title

先月ジャワ島沖で見つかったウエットスーツを着た遺体は、
DNA鑑定の結果、高橋祥子さんであることが分かったそうです。
ここに慎んでお悔やみを申し上げます。
祥子ちゃん、偉かったね。頑張ったね。
今はどうか安らかに…
非公開コメント

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。