スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選ばれし者

少し前になりますが、ママ友が家に遊びに来てくれた時の会話です。

私「なんで私が癌なんだろう?てやっぱ思うよね。
  だって私以上に不健康な食生活の人はたくさんいるのに」
ママ友、ウンウンと頷いて、
 「私もそう思う。なんでうちの子だけが~て思うよー(´`)」

友人は下のお子さんだけアレルギーがあって、
そのケアにとても気を配っていました。
私の身内にはアレルギーの人はいないので、
アレルギー持ちのお子さんがいらっしゃるママさんたちの
頑張っている姿を見ると、
本当に頭が下がる思いがするし、勉強にもなります。
そして、その時に彼女が何度も言っていたことは、
「食事で変わる」
ということです。
油を変えたり、玄米食にして、お子さんが改善されたとのこと。
ご本人が実感しているので、
やはり日々ロからとり入れる物が体を左右する、
ということは、ほぼ真理に近いのではないか、と私も感じています。

しかし、最初の問いにもどりますが、
ではなぜ家族で私だけが癌になったのでしょう?
友人も、なぜ下のお子さんだけがアレルギーに?
ブロ友さんのコメントでもあったのですが、
毎日コンビニ弁当でも元気な人はたくさんいます。
なのになぜ??

…それはハッキリ言って分かりません。
きっと微妙な差が合わさって合わさって、
発症する人、しない人。また違う病気もたくさんありますし、
人それぞれ、なんだと思います。
一言で言ってしまえば、運が悪かった、ということです。
悲しいけど、そういうことです。

でもですね、そこで思考が止まっちゃダメですよ!
例えば乳がんは、20人に一人と言われています。
私の周りでは、30代でなっている人は私だけ。
自分で言うのも何ですが、ちょっとした先鋭です。
アレルギーの子供も、多くなってきているようですが、
全体の2~3割でしょうか。
決して多数ではありません。

言うなれば私達、「選ばれし者」だと思えませんか?

もしも乳がんにならずに、体に何がよいのか、全く疑問に思わず、
そのままの生活を続けて、年とって、何かの生活習慣病で通院して…
それでも普通に幸せですが、
夫や子供達には健康な人生を送らせてあげることが
出来ないかもしれません。
神様は、私達の大切な者を守るために、
私達を先鋭隊として選んだのかもしれません。

そう思うと、ほら!なんか胸を張ることができません?(^ー^)

私達にはきっとやるべきことがあるのです(^_-)
自信を持って、胸張って!
一歩一歩、一緒に歩いていきましょう(^o^)/


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

本当に、その通り。

まゆささん、こんにちは。
入院中だとブログの更新も結構まめにできますよね(笑)。
私も退院してからは、めっきり更新できなかったり短文だったり…
まゆささん、とっても自分の考えを言葉や文章に表現するのがお上手で、毎回メチャメチャ共感しています。

食に関しての今回のテーマ、本当にその通りだと思います。
実は、私の母は非常に食に対しては気を使う人で、有機野菜や無農薬栽培のものなど、意欲的に取り寄せたりしていたし、「一汁三菜」ならぬ「一汁五菜」くらいいつも食卓に並ぶような家庭で私は育ちました。
…でも、発症年齢は異なりますが、まず母が、次いで私が乳癌になりました。
正直、運が悪かったとしか言いようがない。
以前のコメントにも書きましたが、こんな状況でも神様は私たち親子にこんな試練を与える訳で、正直食生活なんてあまり関係ないじゃないか、どうでもいいじゃないか、とひねくれる今日この頃(?)でもありました。

私自身は食べることは大好きですが、炊事洗濯掃除の中で、一番やりたくないのは正直「炊事」です。ものすごく負担に感じてしまうのです…
(余計な情報ですが、掃除は大好きです。いくらやっても飽きませんし、気が付けばコロコロクリーナーを回しているような人間ですi-229

でも、まゆささんに言われて気が付きました。
私は乳癌を発症してしまったからもう仕方ない。でも、夫やかわいい娘に食事から伝わるリスクを少しでも減らせるのは私しかいない…ということ。
もちろん、私の症状を緩和させたり治したりする意味でも、やはり食生活の管理は避けては通れないし、無視できないのだなと思います。

正直、私自身は意思が弱くて、乳癌告知後から「嗜好品や乳製品は避けよう!」とか決意してみたものの、おやつやアイスクリームなどの乳製品、全然絶つことができてません(笑)。
あまりがんじがらめになってはいけないけど、ストレスに感じない程度に楽しんで、まじめに食に対しては取り組んでいかないといけないなと気づかされました。

今はまだ、手伝いに来てくれている私の母が食事の世話もよく手伝ってくれますが、本当に私一人で家事育児をしなければならなくなった時、おざなりにならないように気を引き締めていきたいと思います。

まゆささん、大切なことに気づかせてくれてどうもありがとう!
一緒に頑張りたいと思いますi-268
(長文になってごめんなさい)

Re: 本当に、その通り。

tomyokoさん、こんにちは!

前回のtomyokoさんのコメント、
私も心底共感して、前から思っていたこともあったので、
今回記事にしました(^_^)/
tomyokoさんのお母様は素晴らしいですね!
そのお母様に育てられたのですから、
基本はきっちりと刷り込まれているのでは?
それでも、親子で乳がんになってしまうというのは、
やはり原因が一つではない、ということでしょうね。
「なんで私たちが?」と思ってしまう気持ち、よく分かりますよー(>_<)
ひねくれて、神様なんて!と言ってしまっても良いと思います!
きっと神様は寛大な心で受け止めてくれます!
(都合良すぎ?σ(^_^;)

私の場合は、小さい頃から牛乳がキライで(*_*;
チーズも苦手で、乳製品の摂取量は普通の人よりもずっと少ないと思います。
朝食も和食派ですし、
「乳がんの8割の人は朝パンを食べている」(だったかな?)
という話もあるようですが、私は当てはまりません。
なのでホント、乳がんの原因は分かりませんよね。
人それぞれで、複合的なのかな、と思います。

でも、より健康で幸せな人生を生きるために、
自分の食生活を見直して、リスクと思われる物は排除し、
その内容を子供たちに伝えていく必要はあるのかな、と思います。
まだまだ勉強の途中ですが;

もちろん!ちょっとの洋菓子などの楽しみはあって良いと思いますよ(^_-)
私のように、普段からあまり乳製品取ってなくても、
がんになる人はいますしね。
何事も、自分や家族にベストの量やバランスを見つける、という事でしょうか?

これからも一緒に頑張りましょう(^_^)/
ありがとうございました!
(私も長々と失礼しました;)
非公開コメント

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。