スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ママが生きた証」からのメッセージ

先日放送のドラマ
ママが生きた証」←あらすじはこちらから。

観ましたよ~。
必要以上に情緒に訴えかけるのではなく、
それなりに事実に忠実に、
淡々と描かれていたんじゃないかと思います。
まぁでも、やっぱり泣けましたけどね(;_;)

乳がんと分かってから初めて、
乳がん患者が主人公のドラマを観ましたが、
私も妊娠期から癌があっただろうし、
当然他人事とは思えずに視聴しました。
主人公の気持ちを想像するに…
もうこれは言葉では現すことが出来ない。
癌告知を受けてから、
毎日色々な想いと格闘し、
受け入れがたい現実を受け止めていったのでしょう。
それでも、やっぱり愛する夫の子の母になれたことは、
とても幸せだったと思います。
それと、子を自分の生きた証と言い残した気持ち、
とても良く分かります。
自分はこの世から居なくなるけど、証は残したい。
自分の死後を想像するって…
それは心情的にはとても重く、辛くて恐怖もあるけれど、
でも、自分の生きた証を残せたら、
自分の人生が少しでも輝かしく思えるし、
自分はその証とともに、みんなの心の中に生き続けることが出来る。
そう、考えちゃうんです。
忘れられたくないって、私はやっぱり思いますね。
ちょっと図々しいかなσ(^_^;
もちろん、何時でも覚えていて!という事ではなく、
ふとした瞬間に、思い出して欲しいなって。
それでね、その思い出したときに、
やっぱり笑顔じゃないと!と思うんです。
幸せそうだったよねって。
そう思ってほしい。
私の勝手な想像ですが…
このドラマの主人公も、
同じような心境だったのではないかと思いました。

乳がんになるリスクファクターとして、
「出産、授乳の有無」があります。
出産や授乳をすると、
乳がんにかかるリスクが下がると言われています。
それでも、私は3人目の出産、授乳中の乳がん発覚でした。
その時、友人数人に言われました。
「妊娠や授乳中でも乳がんになるの?」
私も、妊娠、授乳中は乳がんにならないと思っていました。
この勝手な思い込みが、
病院に行くのが遅れた要因のひとつでもあります。
けれど、リスクが下がると言っても、ならない、というわけではない。
また、近年では乳がんの若年齢化とともに、
その数は多くなっているのではないか、と感じます。
ですので、私が再び言いたいと思ったことは、

女性ならいつでも乳がんになる可能性がある

と言うこと。
(男性でも稀にあります)
若いから大丈夫、
子供産んでおっぱいで育てたから大丈夫、
というわけではないのです。
(あぁ、過去の自分に言ってやりたいです(;´Д`))

癌になる確固たる原因は分かりませんので、
やはり早期発見が大切だと思います。
若いうちから検診して、とは申しませんが、
自己触診など、ぜひ習慣にしてみて下さい。
 ↓
自己検診の仕方

ひとりでも乳がんで悲しむ人が少なくなりますように…
きっと「ママが生きた証」の小松美恵さんも、
そう願っている事とと思います。


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

No title

私も授乳期にしこりを見つけ、乳がんと診断された一人です。
「どうか、母乳の詰まりであってほしい」という淡い期待は、
見事に打ち砕かれ、現実を直視せざるを得ませんでした。

ただひとつ良かったことは、産婦人科や助産院ではなく
すぐに乳腺外来を受診したことぐらいです。
母乳の詰まりなど、ほとんど経験したことがなかったので
自分でも真っ先に「がん」を疑ったのでした。
それでも、「詰まってるだけだったらなぁ」と思ってました。

なので、妊娠授乳期の女性は、胸にしこりがあっても
「生理的なもの」「乳腺炎?」と思ってしまうのは当然かもしれません。
助産院で、マッサージを受けてしまう人もいるとか。

私たちの役目は、こうした女性たちに「乳腺外科」「乳腺外来」の存在を
アピールし、少しでもおかしいなと思ったら、すぐに受診してもらうことかな
なんて、最近は考えています。

自分のブログでも、このことはいずれ記事にしてみたいと思います。

ママが生きた証、私は見なかったです…

私も同じ。

まゆささん、お久しぶりです

まゆささんも観ましたかぁ~…あのドラマ。
私、原作は知っていて、乳癌の告知を受ける前、確か夏の『24Hテレビ』でも特集をやってて…
その時、今思えば本当に不謹慎ですが『自分が余命告知までされているのに生きた証にしたいという欲だけで子供を産むなんて、単なる親のエゴに過ぎないんじゃないの?』なんてことも思ったりしました。
そしたら程なくして私自身も美恵さんと同じ境遇に…
まさか、自分も同じ経験をするなんて思ってもみませんでした。

実際告知を受けてみたら…
やはり、子供を堕ろすという考えには全く至らなかった。
本当に『これっぽっちも』です。
もちろん、生きた証を残したいという思いもあっただろうし、何より上の子に兄弟を残せる最初で最後のチャンスだと思ったから。

普通に考えても、親は子より先に死ぬ訳です…
やっぱりかけがえのない兄弟を残してあげたいと思ったから。

美恵さんとは違い、夫は反対しませんでしたが、私は実の親とはそれなりに衝突しましたよ~。

ちょうど昨日の新聞で『妊婦への抗がん剤 子に影響なし』という報告を、私のお世話になっている病院がまとめ、大阪の乳癌学会で発表するという記事が出てました。
昨日、報道ステーションでもやってました…

14年間の調査で34人が出産、子は全て異常奇形無しで今まで来ているそうです。
その中に、我が子も、美恵さんの子も入っていると思うと、何だか運命を感じずにはおれません。

私は今日から放射線治療で通院の日々です。
照射範囲も広いし憂鬱だけど、頑張ろうと思います

No title

まゆささん
こんにちわ。お加減はいかがですか。お肌の状態はどうですか。このドラマ、気になっていながら5日は急にバタバタ…観られなかったんです。まゆささんはご覧になったんですね。読ませていただけて良かったです。 妊娠・出産と乳癌…厳しい選択です。私のお世話になっているクリニックでは、年に一度患者さんほぼ全員が顔を合わせる会があり、私も先日参加してきました。そこに、乳癌手術後に妊娠出産された方や、乳癌治療しながら出産された方たちが20名ほど参加されていました。それも、お子さんと一緒に…!
皆さん、もちろん今も治療中ですが、どのママも輝くばかりの笑顔で、ぎゅっとお子さんを抱きしめて記念写真を撮っておられました。私も24歳の娘がいて、将来結婚・出産してほしいと思っています。だから、目の前のママたちを見て涙が止まりませんでした。 女性は、母になるというのではなく、子によって母にならせてもらうのですね。
今一番進化しているのが乳癌治療だと聞きます。一日でも一時間でも命を繋ぎ、その恩恵にあずかりましょうね。 カルシウム吸収には糖分は控えて、ヴィタミンCをたくさん摂ってくださいね。

証?あるよ~

こんばんは~♪

TVちょこっとだけ観ました(^^;)
実は、子供にはカミングアウトしてなくて…。
ステージ4のあたしからすると、感情移入し過ぎて泣き顔見られんのもイヤやし、どうしてもお涙ちょうだいドラマに仕上がってるから、気分滅入るのよねぇ~
ハッピーエンドの闘病ドラマにしてくれたらええのに( ̄。 ̄;)←視聴率取れんやん(笑)

決して否定する訳じゃないよ~
ドラマ観て健診に行く人が一人でも増えてくれて、悲しむ人がいなくなれば本望です。
でも、同病ドラマは悲しすぎやから勘弁して~(^^;)

病気発覚直後は、子供達にあたしの事を覚えてて欲しい、生きた証を残したい…
それ一心で写真や動画を撮りまくったりしてたけど気が重くて…。

でも、歴史的に見て3人の子供を産み育てた事が『証』やーんって思うようになってからは、気が楽になってポジティブに生きられるようになったんよね~♪

たまに凹む時もあるやろうけど、まだまだくたばらへんで~(^_^)b

Re: 私も同じ。

tomyokoさん、こんにちは(^_^)/

tomyokoさんのブログもいつも読んでいて、
ドラマのことを書かれていたので、
私もコメント入れようかと思っていました(^_^)b
私はtomyokoさんの事を知っていたので、
余計ドラマに自然な形で入っていけた感じがします(^_-)

おなかに宿った子供を諦める気持ちになれなかったとのこと。
分かりますよー。
私の場合は、長女の出産からずっと、
妊娠期・授乳期が続いていて、
実は三番目の子は、
私の中ではもう1年くらい後でも…と思っていた矢先に出来た子でした。
もしも、この子を妊娠してなかったら?
多分乳がんはここまで進行せずに見つけることが出来たのではないか、
と思います。
それでも…この子のいない人生は、もはや考えられません。
それが母親というものなんですよね(^-^)
同じように、私達の親が子の命を一番に考えるのも当然。
(私もはっきり、孫よりもお前が大事だ、と言われましたよ…)
ですから私たちは、自分で選んだ人生を精一杯幸せに生きる!
それがある意味、役目でもあるのかな、と思います(*^^*)

聖路加のニュースも見ました。
嬉しい限りです!
美恵さんもtomyokoさんも、とても立派な功績を残されたと思います!
美恵さんの分も、たくさんの幸せと共に、生きていきましょうね!!
きっと天国から、応援されていると思います(*^^*)
放射線の治療も頑張って下さいねー(^o^)/

Re: No title

ライブラさん、こんにちは(*^-^*)

乳がんの治療を乗り越えてママになった方々…
きっとその輝かしい笑顔の裏に、
たくさんの涙があったことと思います。
やはり試練は人を輝かせる、ということですよね。
ほんと、子供がいるから頑張れる…
私も、子供に母親としての人生を歩かせてもらえたこと、
感謝したいと思います(*^^*)

糖分控えめでビタミンCですね。
甘いもの、けっこう食べてしまっているかも(^_^;
気を付けたいと思います。
ありがとうございました(*^^*)

Re: 証?あるよ~

にこさん、こんにちはo(^-^)o

ドラマを直視出来ないのも分かりますよ~。
他のブログを見てると、そういう方多いですよね。
私もさすがに、子供とは見れませんでした。
子供は病気のことは知っていても、
「死」と直結してませんからね。
私の場合、妊娠期の乳がんという似たような境遇に興味があって…
例えば、余命一ヶ月の花嫁、とかは絶対に観れないと思います(;´Д`)

子供たちが私たちの生きた証、ですよね(*^▽^*)
それは人それぞれ。
子供って人もいるし、仕事って人もいる。
私の場合、このブログもそんな意味があったりします。
癌サバイバーの皆さん、生きた証を残したい!と思って、
前向きに幸せに、生きて欲しいなと思います(*^^*)
そのうち、ハッピーエンドの乳がん闘病ドラマ、出来て欲しいですね!
私たちが、ドラマチックに生きていけば、そのうち出来るかも?(^ー^)
にこさんと一緒に頑張りまーす♪

返信ありがとうございました

こちらのブログにコメント返しが反映されなかったとのことで、
わざわざメールでお返事くださって、ありがとうございました。
じつは、一回目のコメントも、最初は受け付けてもらえず。
おそらく、NGワードみたいなのが設定されていて、そこに引っかかって
しまったと思われ…何回か書き直して、通りました(笑)

お忙しい中、ありがとうございました。
このコメントには、お返事頂かなくても大丈夫です^^
非公開コメント

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。