スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦のこと~まだまだ途中

週末、子供達と初のカラオケに行ったり、
日帰り旅行に行きました。
そうしたら…腰痛(というか、症状としては座骨神経痛)が悪化;
生理痛のような腰痛も併発するようになって、
ちょっときつい状態です。
はぁ~(´ヘ`;)昔のように動けない体にイライラします。
薬が変わったり色々しているのですが、後日情報を整理して記事にしますね。

さて、今日は短めに、旦那さんの事を徒然したいと思います。
以前にも書きましたけど→「最高の道を、あなたと」
ブログを読んでくれている友人から、
「まゆささんは幸せだよー」
と言われました。
もちろん、友人はほめ言葉として言ってくれたんだと思います。
うん、確かに幸せですが、
ただ、以前の記事を読んで、「ラブラブなんだね~」と解釈されるとしたら、
「これは訂正せねばいかん!!」と思った次第でして(^^;)

我が旦那さん、「ラブラブ」な雰囲気とは程遠い人です。
前にブロ友さんのコメントにも書きましたが、
若い頃は「俺は武士なんだ!」などと言ってたこともあったくらいで(-_-)
話す言葉は少ないし、察してあげないと機嫌が悪い。
つきあっていた頃は、何度泣いたか分かりません。
実は付き合い始めの頃は、
「俺はひとりが好きだから、結婚はしないよ」
と言っていました。
私も結婚を視野に入れていた訳ではなかったのでそのまま流していましたが、
数人の友人は心配だと言いました。
「彼はまゆさを本当に愛しているの?」と。
…確かに、いつでも一緒にいて誕生日に喜んでサプライズしたり、
私のことを気遣うような素振りはほとんど無かったです。
でも、当時の私は、「愛される」というのはどういうことなの?という思いもあり。
彼といれば心地よい時間もたくさんあったし、
彼は小説や映画が好きで、一緒に感想を言い合うと、
深いところで私を理解しているような答えが返ってくる。
それがまた嬉しくて、付き合いを続けていたような気がします。
結婚してからは、更にあっさりとした関係に…(-o- )
私は育児に明け暮れ、彼は家事に協力的ではなかったので、
夫婦の心の距離はどんどん大きくなっていきました。

実を言うと、主人に愛されている、と確実に実感出来たのは、
本当につい最近。
「心配するな」と言ってくれたあの時からです。
その時まで、私には全く自信が無かった。
子育てに明け暮れ、昔のように容姿に気を配れなくなり、
すっかりおばちゃん化してしまっていたので、
子供がもう少し大きくなったら巻き返そう、と思ってました。
そんな中の乳がん宣告。
一時は髪が抜け、まゆげやまつげもなくなり、
最終的に右胸も無くなった。
病気持ちで醜い私を、彼が好きでいてくれるのだろうか。。。
そんなふうに考えていたので、
彼からの力強い返事は、本当に嬉しかった。
病気になってようやく分かり合えたお互いの気持ちでした。
皮肉なことですよね。
でも、これが私たち夫婦の形です。

昔、大喧嘩したときに、手紙を書いたことがあります。
その中で私は次のように書きました。
「結婚生活はたくさんの紆余曲折があって、
それでその夫婦だけの特別な人生が出来上がっていくのだと思う。
私は死ぬときに、パパと夫婦になれて良かった、と思える夫婦になりたい。
それが私の夢です。」

かつて「結婚はしない」と言っていた頃を思うと嘘のようですが。
主人は今、私の夢を叶えようとしてくれているように思えます。
これまでの長い道のり。
そしてこれからも。
「最高の道」となるには、まだまだ途中の私たちです。


良かったらクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

No title

こんばんは~!!
今こちらのほうのコメントの返事を書いていたところです。

>ただ、以前の記事を読んで、「ラブラブなんだね~」と解釈されるとしたら、
「これは訂正せねばいかん!!」と思った次第でして(^^;)

↑ これ笑っちゃいました。 訂正しなくても~~って。 (侍)と書いてくださったのは私のコメントでしたね、それでも私もラブラブだと思っていましたよ~。

私達は21年目なのですが、最初は色々ありました。 文化も言葉も違うし、き~~となったことも1度や2度ではないのです。 でも夫婦って歴史ですよね、お互いに作っていく舞台といううか、、。

>私は死ぬときに、パパと夫婦になれて良かった、と思える夫婦になりたい。
それが私の夢です

これこれ~!!これです!! じーんとしました。 本当にそうですね! 
すっごく同感です!!

Re: No title

tomotanさん、コメントありがとうございます(*^^*)

> ↑ これ笑っちゃいました。 訂正しなくても~~って。 (侍)と書いてくださったのは私のコメントでしたね、それでも私もラブラブだと思っていましたよ~。
いやいやいやっ、だからラブラブじゃあないんですよ!
自称武士ですから(^^;)
武士でも秀吉みたいなお調子者(まぁ、彼は農民出ですから)ではなくて、
信長みたいな、黙ってたら怖い(話しても怖いかσ(^_^;)雰囲気に憧れていた感がありましたね。
今の日本男子は違いますが、昔の日本男子のイメージに近いです。
なので、ここまで子煩悩パパになってくれるとは思いませんでした。
感謝しないといけないですよね。
私には相変わらずドライな立ち振る舞いですがσ(^_^;

> 私達は21年目なのですが、最初は色々ありました。 文化も言葉も違うし、き~~となったことも1度や2度ではないのです。 でも夫婦って歴史ですよね、お互いに作っていく舞台といううか、、。
そうなんです!
まさに人生という舞台を作り上げていくような。
それはどんな夫婦にも必ずあって、たくさんぶつかっても積み上げてきたものがあると思うんです。
良く情だけで…と言いますが、
その「情」が、お互いにとって実は宝物になり得るのではないか?
と、病気になって思いました。

> >私は死ぬときに、パパと夫婦になれて良かった、と思える夫婦になりたい。
> それが私の夢です
>
> これこれ~!!これです!! じーんとしました。 本当にそうですね! 
> すっごく同感です!!
ちと恥ずかしいですが、ありがとうございます(*^▽^*)
夢がいつか叶えられるように、
私も頑張らないといけないですね(^_-)

tomotanファミリー、今週もいつもと変わらないようで(?)良かったー♪
気分が落ちていても、寄りどころがあるのは最大の強みですよね。
全然下らない話じゃないですよ!
またオハイオやご家族の話、楽しみにしていますo(^-^)o




非公開コメント

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。