スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6. CTの検査

7月25日
数日前にドレインチューブははずしてもらっていましたが、脇に穴を開けてから2週間が過ぎ、
相変わらず排出液は出続けていました。
液の色は半透明で少し臭いもあります。
何枚も重ねたガーゼは、一日当てているとぐっしょり濡れてしまうほどです。
この日先生に診てもらい、私は先生に、いつまで排出液は出続けるのかを聞きました。
先生は難しい顔をしながら言いました。
「穴を開けてから2週間、排出液が出続けることは普通はありません。
私も乳腺外科で30年やってきましたが、こんなことは初めてです。
これは・・・本格的に切除などの処置をしないとどうなっているのか分からないです。
どうですか、切除手術しませんか?」
私はもちろん「お願いします!」と答えました。
先生の口ぶりから、この脇のしこりは得体のしれないもので、
今の段階では良性か悪性かは判断出来ないのだと思いましたが、
この時から、自分でも何となく、悪性の可能性があるのだと感じ始めました。

先生はまずCTの検査を受けるようにと、近隣の総合病院の予約を入れてくれました。
CTの画像を撮るには造影剤を注射するので、打ってから48時間は授乳することが出来ません。
私は、今後切除手術の時も考慮し、息子の断乳をすることにしました。
上の子二人が2歳までおっぱいを飲んでいたので、
まだ1歳過ぎたばかりの息子に断乳を決行するのはとても切ない思いでした。

7月29日
CTの検査を受ける前に、病院に寄って診察を受けて、
紹介状を受け取ってから行くようにと言われ、朝早く病院に向かいました。
エコーで脇の下を診た後に、先生が不意に右の乳房の方もエコーで確認しました。
「ん?あれ?ここにも小さいのがあるな。」
右乳房の右端の方、脇よりに、白く映っているものがあります。
先生はそこを何度も見て画像に収めました。

「細胞診をもう一度しますね」
脇の下に3回、そして新たに見つかった乳房の方にも1回、針を刺しました。

「右の胸にも1.4センチほどのしこりがあったので、
こちらからも細胞を取りました。
針を刺した感じだと脇のしこりと似た感触です。大丈夫、おそらく良性ですよ」

そう先生は言ってくれましたが、一向に良くならない脇の下、
そして新たに見つかった右胸のしこりの存在に大きな不安を感じました。
でも、まだ何にも分からない状態で先読みして不安になってもしょうがないと、
敢えて考えないようにしながら、CTの検査を受けに行きました。


8月2日
この日はCTの結果を聞きに病院に向かいました。
名前を呼ばれ処置室に入ると、看護婦さんが、赤ちゃんを見てるから
先に先生の話を聞いて下さいと、部屋に通されました。何となく緊迫した感じを受けました。

先生の前に座ると、CTの画像を見ながら説明を受けました。
「まず脇はこのように大きな腫瘍が認められ、中は空洞になって壊死している状態です。
そして・・・肺ですが・・・転移癌と疑わしい影が認められました。」

え?何?肺に転移癌???

一瞬血の気が引きました。確かに画像には、白い点が数か所、映っています。
私が何も答えられないでいると、先生は続けました。
「ですが、CTをするまえに取った細胞診の結果は、どちらも悪性ではありませんでした。」

は?どういうこと??

「多分、脇の下の腫瘍は、中に膿がたまったために空洞になっていてすかすかで、
細胞を取っても(癌細胞が)出てこないのだと思います。
ですが、CTの結果からどこかに癌がある可能性があります。
このままにはしておけませんので、今日はマンモグラフィーを受けてもらって、
それでも怪しいものが見つからなかった場合は、
先日細胞診した箇所からもう少し太い針で採取して検査をします。」

私は、ある程度の覚悟をしてきたつもりではあったのですが、
まさか肺転移の可能性までは考えてなかったので、
やや放心状態に近い感じで、その後は看護婦さんに促されるまま、
マンモグラフィーの撮影を行いました。
その結果は他に怪しい影は認められなかったので、先日細胞診した場所から、
今度は組織診をしました。バン!という音と少し衝撃を感じましたが、痛みはそれほど感じませんでした。

「検査結果は出来るだけ急いでもらうので・・・今週末の土曜日にいらして下さい」

帰り道、癌でない可能性を考えてみましたが、ここまでくるとそれは少ないと、
自分でも悟りはじめていました。
けれど、今それを認めてパニックになってはいけないという思いもあり、
「癌であるはずがない」と自分に言い聞かせていました。


よかったらクリックお願いします
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こちらもポチッとお願いします!
プロフィール

まゆさ

Author:まゆさ
38歳の夏 三人の子育てに追われる中、
ステージⅣの乳がん宣告を受けました。
落ち込んでいる暇はありません。
乳がんとともに、元気に生きていきます!!
 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。